あわせて2,500円以下!Amazonで一脚&自由雲台を買ってみた。

[スポンサーリンク]

娘の運動会があるってんで、色々撮影方法について調べてみていたところ、
運動会撮影に揃えるべきアイテムとして、「一脚」があるらしい。

運動会では、ポジションを変えながら撮ることになるそうなので、
三脚の安定性より、一脚の機動性を取る方が良いってことらしい。

名前は聞いたことあるし、どんな感じのものかはなんとなく理解していたが、
「ほんまに要るんかいな?」と思ってて、特に手は出してなかったモノの1つである。

ブレに対して強くなる!
そのためのものですもの。上下の揺れを抑えてくれます。
三脚に比べて軽い、小さい!
三脚より遥かに持ち運びしやすいです。
また、足元も三脚のように場所を取りませんので、利用するシーンをあまり制限しません。

うーむ…。娘の運動会ともなれば失敗も後悔もしたくない…購入するべきか…。
でもお高いんでしょ?」とか考えながらも調べてみると、
一脚ってのはそこまで高いモノではないらしい。

中でも、Amazonが展開するブランド「Amazonベーシック」で販売してたのが、
めちゃ安い上に評判も悪くない模様。
あわせて、HAKUBAの自由雲台を、オススメされるがままにセット購入!
でも、合計2,400円もいってないぐらい。
 
151004-01-01
 
いざとなったら杖になります、ってどっかで見たが、ほんまかいな。
一脚のサイズピッタリのキャリングバッグが付いてますが、
雲台付けると入らないんで、イマイチ。
 
脚の部分は、レバータイプ。

151004-01-02

3段階伸ばせます。全部伸ばすと170cmになるらしいです。高さは良い感じ。

上部には、別個に買った雲台を付けます。一脚には自由雲台が基本らしいです。基本は大事。

151004-01-03

雲台部は、写真では見えないですが、横にレバーが付いてて、
グイっとひねると自由に動かせるようになります。
 
 
実際に使ってみた感じでは、結論「買って良かった!」です。
重いレンズを付けた時とかはやや頼りないですが、通常の手持ちより遥かに安定します。
コスパは極めて高いです。

僕のように、一脚入門には丁度良いのではないでしょうか。
三脚より持ち出し頻度高いかもしれんなあ。薄暗いとこだって怖くないぜー。

しかし、運動会では、はりきって最前列を取ったために、自由に動けなくなって、
あんまり一脚の良さは発揮出来なかったんですけどね(笑)
 

Amazonベーシック 一脚 170cm (キャリングバッグ付)

新品価格
¥1,380から
(2015/10/5 00:20時点)

HAKUBA 自由雲台 BH-1

新品価格
¥805から
(2015/10/5 00:21時点)

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です