ニンジャストラップ&C-LOOPで快適撮影!

[スポンサーリンク]

つい先日、D610のカメラストラップを替えました。
ずっと無頓着だったんで、メーカーの元から付いてるやつを使ってたんですが…。

あ、これね。
141006-01

撮影に出かける時、僕はたすきがけみたいな感じで、
体に斜めにかけることが多いんですが、
それって、体に密着させて固定できるのは良いとして、
いざって時にさっとカメラを構えられないんですよね。

しかもD610に付いてたのは、裏が全然滑らない感じになっているので、
毎回服に引っかかって、わちゃわちゃになるのです。
かといって、首に長時間かけてるとしんどいしなあ…。

しかも、自分がどこのメーカーの何のカメラ使ってるって、
主張しすぎでイタくね?
ってなったわけですよ。

今までなぜそう感じなかったのか…。

何に換えたのよ?

で、前からネットでいろいろ見てはいたんですが、
結局はかなり機能優先で買いました。

diagnl / ニンジャストラップ
141006-02
何てことないストラップに見えるでしょうが、
実は便利な機能が付いてて、途中にあるフックを引っ張ると、
びろーんと一瞬でストラップの長さが伸びるんです!

たすき掛け状態のまま、カメラがさっと構えられます。超快適。
これで散歩中の不意なシャッターチャンスも逃しません。

ちなみに、細いやつ(25mm)と太いやつ(38mm)があるんですが
僕が買ったのは、大きいカメラ用の太い方です。

最初のうちは、
皮ストラップなんかがシャレオツかも!」とか思ってたんですが、
そこは主にカメラ女子に任せることにしました。

さらにこれも買いました

さらに、C-LOOPってアイテムも買いました。

これね。
141006-03

これ、何かと言うと、ストラップを結び付ける金具なんですが、
これ自体を付ける位置がカメラの底面なんです。
三脚用のネジ穴に装着するわけですね。

で、そうするとどうなるかって、
体にカメラを引っ掛けた時、カメラが逆さまになって、レンズが下を向くんです。
何てことないようなことに見えて、これが割と肝。

通常まっすぐぶら下げると、レンズが横(地面と平行)を向いちゃって、
狭いところなんかだと、体を動かした時によくぶつけてしまうんですよね…。
これを回避しやすくしてくれる、あると地味に嬉しい感じのアイテムです。

最初は、逆さまにぶら下がるカメラに慣れなかったんですが、
実際に使ってみたらイイ感じ。

しかも、これ自由に回転するんで、カメラを構えたりする時の支障にもなりません。

いずれもこの辺で紹介されてたのを見て買ってしまった感じです。
僕の説明より数百倍ミリョクが伝わると思うので、興味があればぜひ見てみてください。

価格は、ヨドバシで各々4,000円ぐらいずつだったような。
実はそこそこするんですが、買って損は無かったわー。

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です